「白い歯」で、簡単印象アップ!実は気になるホワイトニングを知ろう

そもそも、なんで歯は黄色くなるの?!

なぜ歯は黄色くなってしまうのか?

(1)加齢による歯の黄ばみ
歳をとると歯は黄色く変色していきます。これは、表面を覆っている半透明の白色物質「エナメル質」が、加齢で磨耗し薄くなることで、内側の象牙質が透けて見えやすくなるためです。

(2)ステイン着色
食事によって黒や茶などのシミにも近い色がつくことがあり、「ステインによる着色」と呼ばれるものがこれです。この原因として、コーヒー・お茶のほか、赤ワインやチョコレート、タバコなどが良く知られていますが、実はバナナや大豆製品などにもステインの原因になりやすい物質が含まれています。
また、歯の表面には「ペリクル」と呼ばれる薄い膜があります。主に口腔内で発生する酸から歯のエナメル質を保護する役割を持っています。
ただし、色素をくっつけてしまう性質も持ちます。

歯が白くなる2つの仕組み

歯は表面から透明なエナメル層と象牙質と呼ばれる2つの層からできています。歯が黄色く見えるのは、主に象牙質の黄色っぽい色が透けて見えるためです。そのため、歯を白くする方法は大きく分けて2つあります。

エナメル質の部分に色素が沈着した場合は、表面の着色を紙面研磨などで丁寧に磨きあげることで、本来の白さを取り戻すことができます。

もう1つは、さらに深部に到達した場合、つまり象牙質に色素が沈着した時です。歯科医院でのホワイトニングはこちらの場合で、歯の表面から薬剤を浸透させ、象牙質の色そのものを白く変えることができます。つまり、歯を削らずに漂白剤で化学的に白くするブリーチをすることで、歯を白く見せることができます。